Number, Generate Random

Generates a random number. When a token reaches this automated step, a numerical value within the specified range is generated each time. The decimal part is rounded down toward 0 according to the workflow data definition.

シンタックスハイライター

“Highlighting Code Block” Block 対応の Highlighter を試用。(でも AMP 非対応) “SyntaxHighlighter Evolved” ばにら

Gutenberg 6.2.0

メールアドレスからユーザを特定

Do Not Install Gutenberg 6.2.0
そんなことを言われると、むしろインストールしてみたくなる。。。(他のブロックエディタと競合するのだろうな)

Blocks Plugin test

Business Process Management is a management concept involving the continuous improvement in Business Processes. BPM disciplines have evolved to cope with today’s accelerated business cycles.

「ワークフローシステム」リプレース、検討すべき4つのポイント

自社に導入するワークフローシステムを評価・選定は、主に情報システム部門が行います。評価選定は慎重に行われていますが、導入後、このようなお悩みを抱えているようです。 様々な立場の社員からのクレーム、情シスならではのお悩みがあるようです。そこでお悩みを分類しますと4つに分類できます。 4つの課題に対応できるワークフローシステムの選定ポイントとメリットは、以下の4点にまとめられます。 以上の4つのポイントがリプレース決定のポイントとなります。 現実的な検討として選定対象のワークフローシステムが4つのポイントをバランスの良い形で満たせていることが重要です。4つのポイントで実証実験やお試し利用、ベンダーからの情報・提案を評価することにより、検討されている企業にマッチしたワークフローシステムの選定が正しく・効率的に進みます。 選定ポイントに沿った具体的な機能やサービスはどのようなものになるのでしょうか?試しに、各ポイントをクラウド型ワークフローである Questetra BPM Suite で評価してみましょう。 4つの検討ポイントで評価を行い、一定の基準での選定は可能と考えます。しかし、数システムまで絞り込みを行ったものの、さらなる絞り込みを必要とする場合もあります。その際には ワークフローシステムの拡張性 利用実績 がポイントになるでしょう。 近年、ワークフローシステムへの要求は、増す一方です。また、その要求は予測できるもの、できないものがあります。試用版を用い、サンプル業務でワークフローを動かし拡張機能や拡張性能を具体的に評価するとよいでしょう。それでは Questetra での拡張性を例に見てみましょう。 例えば、CRM/SFA で広く利用されている Salesforce との連携も比較的容易に実現できます。 <(Salesforce 連携)見積情報自動連携の実現例> 利用事例を元に自社利用の適用性を評価することでさらなる絞り込みが可能になります。ポイントは、以下となります。 利用企業は、どのような業務で利用しているか? 利用企業は、どのようなメリットを享受しているか? Questetra の利用事例を参考に見てみましょう。 リプレースにおける重要な4ポイントとさらなる絞り込みのポイントを説明してきました。ポイントを抑えて選定を行えば、期待に応えてくれるシステムの導入ができると考えております。昨今では、各ワークフローシステムベンダーでそれぞれ特徴のある選定支援を行っています。クエステトラで申しますと、具体的な評価を支援するスタータープランや経験豊富なパートナーのご紹介が可能です。より確実な評価を行う為にご活用ください。 お申し込み後、即時無料利用可能です。(Questetra …

「ワークフローシステム」リプレース、検討すべき4つのポイント Read More »

Scroll to Top